fc2ブログ
【キャロム用品シリーズ】 1 ストライカー


今回から、キャロムで使う用具を1つずつ紹介していきます。
第1回は 「ストライカー」。 プレーヤー個人が自分の使いやすいものを所持します。 ボードのコンディション、試合のプランなどにより、数個を持って使い分けるのが一般的です。

国際キャロム連盟 (International Carrom Federation) は、競技に使用できるストライカーのスペックを次のように定めています。

striker1.jpg
直径: 4.13cm以下

重量: 15.0g以下

材質: 象牙、金属以外であれば どのような材質でも可

※ 部分的に金属が使われたもの、あるいは金属のように見える材質は不可

かつては、おそらく象牙が使われていたのでしょう。 現在では野生動物保護の観点から、象牙のストライカーの使用は禁止されています。

striker2.jpg
厚さについての規定はありません。

現在、競技用ストライカーは、すべて硬質プラスチック製です。 硬質プラスチックの種類により、厚さは6.5~8.0mm程度となります。

側面の丸みはストライカーによって少しずつ違います。

表面には、好みの模様を彫ったり描いたりすることが認められています。(実際には模様が描かれたストライカーから好みのものを選びます) 裏面はボード上をなめらかに滑るよう、できるだけ傷をつけないように注意します。 フレーム上などにストライカーを置くときは、裏返して置くようにします。
striker3.jpg
国際大会では、ストライカーの直径と重量のチェックが行われます。

チェックをパスするとストライカーにスタンプが押され、試合で使用する許可が下ります。

写真は、2006年11月にインドで行われた 「ワールド・カップ」 での計測の様子。

通常、ストライカーはスペックぎりぎりの大きさ、重量のものが有利とされています。 もし計量で重量オーバーを指摘されたら、サンドペーパーで裏面を磨いて重量を落とさなければなりません。 海外の試合には2000番の耐水サンドペーパー必携です。

ストライカーは、JCFの毎月のセッション (非会員も参加自由)、国内、国際大会などで購入することができます。 自分だけの宝物のようなお気に入りストライカーを探してみましょう。

striker4.jpg


Carrom.jpでも バラエティー豊かなストライカーをとりそろえております。 ぜひ一度ごらんください。
スポンサーサイト



2007/07/30(Mon) | キャロム用品 | page top↑
第17回 北沢音楽祭
2007年7月5~8日 (木~日) 下北沢の 「北沢タウンホール」 で 第17回 北沢音楽祭 が開催され、7日と8日にキャロムのデモンストレーションが行われました。

詳細リポートは こちら
2007/07/24(Tue) | イベント | page top↑
第4回 日韓キャロムトーナメント (国際トーナメント)
2007年5月13日 (日) 代々木の 「国立オリンピック記念青少年総合センター」 で 第4回 日韓キャロムトーナメント が開催されました。

韓国からは9人のプレーヤーが参加。 日本の登録プレーヤーは13人なので、シングルスとダブルスに振り分けました。


午前8時30分、日本チームのプレーヤーが会場に集合。 ボード8台のセッティングを行いました。 これが結構 大変なんですね(笑) 
開会式のあと、9時10分にシングルスの第1ラウンドがスタート。 今回はユニフォーム・カラーが、韓国チームは赤、日本チームが青なので、とっても分かりやすい(^o^)

続きを読む
2007/07/24(Tue) | 国際・国内大会 | page top↑
キャロムボードが届くまで
Carrom.jp で扱っているキャロムボードは、インド・ムンバイの工場から直送されています。
 
こちらの発注に対して送られてきた見積もりを検討した後、正式発注。 代金の受け渡しが済むと、ムンバイでコンテナ船にボードが積み込まれます。 およそ3週間で船は東京に到着、キャロムボードは保税倉庫に入ります。 そして大井税関での通関審査が無事に終わり、税金を納めれば、いよいよ引き取りとなります。

通関、保税倉庫からの引き取り、輸入者の倉庫への搬入、という課程は通関業者に任せるのが一般的です。 しかし、少しでも安い価格でお届けするため、Carrom,jp ではすべてをボランティアのメンバーによって行っています。

今回 (2007年3月中旬) 届いたキャロムボートは、東京税関大井出張所近くの保税倉庫に入っていました。 保税倉庫の場所は、船会社によって変わります。 保税倉庫での引き取りから、倉庫に搬入するまでの様子をごらんください。

税関から受け取った 「輸入許可証」 と船会社が発行した 「荷渡し指図書」 を持って倉庫へ。 これでやっと、保税地域からボードを出してもらえます。

大井埠頭に面したこの一帯は巨大な倉庫地帯。 大型のコンテナトラックがびゅんびゅん猛スピードで走り回っています。 慣れない人にとっては、まさに恐怖・・・!


import3.jpg倉庫の事務所に書類を提出すると、奥からキャロムボードが出てきます。 作業員の方がフォークリフトで、梱包されたボードを車まで運んでくれます。

Carrom.jp では倉庫のスペースの都合で、一度に大量のボードを仕入れることができません。 そのため、何か月かに一度、この作業を繰り返しています。


import2.jpg1つの梱包には、2台のボードが表面を内側にして包まれています。 写真は4台のボードが入った2つのパッケージ。 

見えにくいのですが、サイドには 「JCF」「TOKYO」 の表示と 「WINIT」 の文字があります。

はるばるインドから長旅お疲れさまでした♪


import4.jpg引き取ったキャロムボードの梱包を解き、検品を行います。 1台1台、箱から出して、輸送時の傷などがついていないか確認します。

もし、ひどい傷のついたものが見つかった場合は、この段階で商品から除外します。



import5.jpgキャロムボートは、エアクッションに包まれ、さらに1台ずつダンボールの箱に入っています。 混載のコンテナで運ぶので、まれに輸送時に箱が破損することがありますが、エアクッションのお陰でボードに傷がつくことはほとんどありません。 

ボード面以外の部分の小さな傷やへこみは、製造時のもので通常よく見られるものです。 ご了承ください。
■ 2009年からはエアクッションの代わりに、発泡スチロールのパッキングでボード表面とフレームを覆い、より安全にお届けできるようになりました。
 
import6.jpg検品の済んだキャロムボードに、目印のシールを貼って保管倉庫へ運びます。

ボードのご注文をいただくと、Carrom.jp の担当者が、倉庫へ行ってボードを引き取り発送します。 ボランティアで運営しているため、倉庫へ行くのは、仕事を休める土曜か日曜に限られてしまいますが、できるだけ早く発送することを心がけています。


import7.jpg今回、入荷したWinit は中央の模様がとてもきれいです!
特別仕様のボードなので、次回もこの模様が入手できるかどうか分かりません。

在庫は1台のみなので、ご希望の方はお早めにお問い合わせください。
ありがとうございました。 売り切れました。


Surco社 (旧Diamond社) のキャロムボードは、1台1台、手作業で丁寧に作られています。 特に表面加工の完璧さは特筆すべきもので、多くの国際大会、各国の国内大会が、Surco社のボードを採用しています。 ぜひ末永くご愛用ください。
2007/07/24(Tue) | キャロム用品 | page top↑
国立オリンピック記念青少年総合センターへの道順 (2007.7)
国立オリンピック記念青少年総合センター (渋谷区代々木神園町3-1)

■ 新宿方面から来る場合は、小田急線 各駅停車 に乗り、2つ目の 参宮橋駅 で下車します。参宮橋駅は、各駅停車しか止まらないので注意してください。


参宮橋駅には、改札口が1つしかありません。

新宿方面からの方は、階段を上って反対側のホームに渡り、改札口を出ます。

photo9.gif
改札を出たら、すぐ前にある道を左に進みます。

右に 「サンクス」 左に 「庄や」 が見えてきます。

photo1.gif
「庄や」 のところのY字路を左に進みます。

photo4.gif
まもなく左手に、曲線の外観のマンションと 「スナック からまつ」 が見えてきます。

駅から約100メートル。
青い案内表示があります。

ここを左に曲がります。

photo11.gif
すぐに踏切があります。

これを渡ると、広い通りにぶつかるので、右に折れます。

photo6.gif
100メートルほど先に、歩道橋があります。これを上り、広い通りの反対側へ渡ります。

歩道橋の下にも、青少年センターへの案内表示があります。

photo7.gif
ここまで来たらもう少し。

歩道橋を降りたら、そのまままっすぐ進みます。

約100メートルで、正面入り口に到着します。

photo8.gif
正面入り口です。

会場の 「センター棟」 は、広い階段を上って右手奥の建物です。

分かりにくいときは、入り口の近くにある案内所でお尋ねください。



■ 参宮橋駅から会場まで、10~15分の時間的余裕をみておいでください。
2007/07/24(Tue) | インフォメーション | page top↑
第2回 ワールドカップ (国際トーナメント)
2006年11月17~21日 インドのニューデリーで開催された 「第2回ワールドカップ」 に行ってきました。 日本を発ったのは16日の正午、デリーに着いたのは、あちらの時間の午後6時。


エア・インディアは富士山の真上を飛んでいきます。機内アナウンスが流れると、インド人はもちろん日本人までがドーッと左の窓へ移動。確かに、こんな角度から富士山を見ることはめったにない。


インディラ・ガンジー国際空港には人がわんさか。その雑踏をかき分けながら、ようやく迎えに来ていた All India Carrom Federation の人と合流・・・会場兼宿泊所のホテル(4ツ星!)へ連れて行ってもらいました。迎えの人が歓迎の花を持って待っているなんて、心憎い演出! やるな、インド!


ホテルの前には、大会の開催を告げる立看板が。正式名称は 「ラジブ・ガンジー記念 第2回ワールドカップ・キャロム・トーナメント」 というらしい。ラジブ・ガンジーって暗殺された前首相の名前だし、インドの連盟の50周年記念大会でもあるし・・・どうやら考えていたより大がかりな大会らしいと、ここまで来て気づく(笑)
続きを読む
2007/07/23(Mon) | 国際・国内大会 | page top↑
 ホームに戻る