fc2ブログ
第4回 日韓キャロムトーナメント (国際トーナメント)
2007年5月13日 (日) 代々木の 「国立オリンピック記念青少年総合センター」 で 第4回 日韓キャロムトーナメント が開催されました。

韓国からは9人のプレーヤーが参加。 日本の登録プレーヤーは13人なので、シングルスとダブルスに振り分けました。


午前8時30分、日本チームのプレーヤーが会場に集合。 ボード8台のセッティングを行いました。 これが結構 大変なんですね(笑) 
開会式のあと、9時10分にシングルスの第1ラウンドがスタート。 今回はユニフォーム・カラーが、韓国チームは赤、日本チームが青なので、とっても分かりやすい(^o^)

今回の韓国のプレーヤーは、高いレベルで技量が平均しています。 日本チーム 苦戦! シングルスの勝ち点は、11対9で韓国チームリード。
隣の部屋を借りているグループが見学に訪れたり、取材があったりで、会場はなかなかの賑わい。 シングルス戦がすべて終わったあと、ダブルスの1回戦まで行って、午前の部は予定どおり終了。 


昼食は12時30分から。 オリンピックセンターの宿泊棟9Fのレストランは、晴天だったこともあり眼下に代々木公園の緑がとてもきれいです。 韓国チームの皆さんの一番人気は なんと 「お刺身定食」。


午後の部は、ダブルスの2回戦からスタート。 いつになく真剣なまなざしのプレーヤーたち。 ここでも韓国の壁が厚く立ちはだかります。


緊張感がピ~ンと張りつめる会場。 結局、ダブルスは1勝1分7敗で終了・・・(>_<)


最後はシングルスの決勝戦。 日本と韓国それぞれで、シングルス戦の最高ポイントを獲得したプレーヤーが対戦します。 日本は日本チャンピオンのMさん。 韓国は同点トップが数人いて人選に苦労したようですが、伸び盛りの若手プレーヤーJさんが決勝戦に進出しました。 アンパイアは国際審判の資格を持つ韓国のBさん。


参加者、見学者が周りを取り囲んで対決の行方を見守ります。 最初は日本のMさんがリード。 しかし途中から韓国のJさんが急速に追い上げてきます。 接戦ののち、最後は日本が25ポイントをとり、辛くもシングルスの優勝者となったのでした。
ただし、全対戦の勝ち点では韓国が大幅リード。 う~ん・・・ これは問題ですねえ。 今回参加したような若手を、日本もどんどん育てていかなければ。
シングルス決勝のあと、余った時間に参加者と見学者に自由にゲームを楽しんでもらいました。 そして簡単な表彰式、閉会式を行い、日本チームのメンバーは会場の撤収。


試合のあとは、居酒屋に場所を移して親交をあたためます。 つまりは飲み会ですね(^^;) 日本と韓国は文化がよく似ているので、共通の話題も多く話がはずみます。
来年の日韓戦は韓国開催。 ソウル郊外のコンドミニアムが予定されているそうです。 来年こそは、団体としてなんとか一矢報いなければ。 ここのところ団体戦は負けっぱなしですからね。

こうして、日本で開催された 「第4回 日韓キャロムトーナメント」 は成功裏に終了したのでした。 両国のプレーヤーの皆さん、お疲れさまでした。 来年は韓国でお会いしましょう!!!

2007/07/24(Tue) | 国際・国内大会 | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ